もの知らず日記

積み重なる駄文、天にブーメラン

異世界もののアニメについて思うこと

 自分用にメモしておく。

 率直に言って、最近は異世界もののアニメに少し飽きてきてしまっている。あくまで私の感想で読解が足りない部分も大いにあると思うけど、最初は異世界系にありがちな一定のパターン(とくに全能感)をそれなりに楽しむのだけど、数話続いて「じゃあそこからどういう独創性が出るのか」というところで「あぁ、同じだ」と思ってしまって切ることが多い。

 ツイッターを見ると、どうやら同じような人は一定数いるらしい。私たちをうんざりさせるそのパターンは、物語への理解を容易にし、お手軽に全能感を得るための装置ともいえる。凡人が転生・転移して超人的な能力を得る。なぜか女の子にもてる。敵はいるしそれなりに危機もあり、それなりに修行をしたり苦労をするのだが、基本的には成功が約束されているという安心感がある(アンパンマンが完全敗北することを疑わないのと同じように)。主人公を視聴者と同一化させ、敵を倒すというかたちで想像する余地もなく明確な成功を得る。ときには現代人である主人公らが異世界での「人殺し」に葛藤することもあるが、「もう誰も大切な人を死なせたくない」などと言って、理由はそれっぽいけれど冷静に考えれば恐ろしいまでの適応力をもって大量虐殺を始めたりする。こういうところはあきらかにリアリティがなく形式的(=無駄がなさすぎる)だし、それに違和感を持つ人がいるのは私も理解できる。

 とはいえ私は物語を楽しむために見ているので、こういう疑問は見逃そうと思う。私にとっての問題は、そのような物語からなにが見出せるかというところにある。どんなメッセージがあるのか。極端に言えば、主人公たちと自分を結び付けて全能感に浸って「ああ気持ちよかった」というだけの話は、お手軽に気持ちよくなれるけれど噛みしめる楽しみはない。それはいわば100円のハンバーガーのようにおいしいけれど、毎日ハンバーガーでは飽きる。たまに120円のチーズバーガーも食べることもあるけれど、それでは根本的な解決にならない。

 「いや待てよ、それはお前の読解力が足りないがために、その物語の魅力を見いだせていないだけなのではないか」という自責の声はもちろんある。事実、そうした作品のひとつひとつにも大勢のファンがいて、お金を出して作品を応援している。そのひとたちはどういうところにその作品の魅力を見出しているのか。それはいま私の知りたいことの一つでもある。

 そしてもう一つ、「異世界ものに飽きた」と偉そうに言っているが、そこまで異世界ものを理解しているとはおよそ言えないということもある。よりリアリティに重きを置いた、異世界を通して現実の人間そのものを描くような、血と汗と涙と努力と友情と絶望と挫折とがごちゃ混ぜになったような異世界ものもあるのではないか。

 このようなことを浅はかながらに考えながら、毎シーズンごとに「面白い異世界ものはないか」と思ってアニメをチェックしている。

改札前の真剣勝負

 たった1つの改札をめがけて、二人の女性が横並びになってせっせと歩く。たがいに譲る気一切なしの真剣勝負。競馬場であれば誰もが馬券を握りしめて勝敗のゆくえを見極めようとするだろう、世紀の名勝負がここに繰り広げられている(わたしは競馬をしたことはないが……)。

 しかしながら、悲しいことに改札はひとつ。勝負の世界はどこまでも無慈悲で、残酷である。片方は勝者となり、片方は敗者となった。

 負けた方はパスモの入ったケースを端末にたたきつけ、相手をうしろから睨みつけた。改札を飛び出るとすぐに仇敵の隣に並び、追い越しざまに2度ほど振り返って睨みつけた。「くそばばあ」と語るその顔を見てわたしは、「”顔に書いてある”とはこのことなのだなあ」と思った。

 そして、改札の前でこのふたりに割り込まれたわたしは、このようにして勝負のゆくえを後ろから見届けていたわけである。そして彼女たちのあとから、マンホールを逆流して噴出する汚水のように、改札から吐き出されていった。

ACER Aspire 5750のHDDをSSDに換装した

 ノートパソコンACER Aspire 5750 の記憶装置をハードディスク (HDD) からSSDに換装し、クリーンインストールした。ド素人でも出来た。

 SSDはその読み書きの速さや衝撃に強い点などなどでHDDよりも優れているものの、出回った当初は価格・容量の問題もあってなかなか手が出なかった。が、いつの間にかどちらの問題も解消されていて、変えない理由が無くなったので、換装することにした。

続きを読む

『必笑小咄のテクニック』という本のこと

 ふと『必笑小咄のテクニック』という本のことを思い返していた。ジョークであれば笑いの源泉となるふざけた論理が、ひとたび現実に持ち込まれると人びとを欺く笑えないものとなる。著者の米原万里さんは、ジョークをあざやかに分析しながらも、社会に対する警鐘を忘れなかった。そうわたしは勝手に理解している。そしてそれは国内外の政治においてますます重みを増しているように、わたしには感じられる。

 例えば、面白おかしいウソニュースで知られる虚構新聞の内容について、たいていはバカにして笑うのだけど、心のどこかで「笑えない」と感じたりすることもある。オリンピックに際して猛暑を護摩で吹き飛ばそうというのには笑った。だけれど現実の世界で朝顔のフラワーレーンについてバカにする意見ばかりが目立って、その発想の意味を理解しようとしたり、批判にせよ費用に対する効果などから建設的に展開する意見がなかなか見られなかった。その雑多なノイズにもまた、笑えるようで笑えない、そんなジョーク化した世界の悲しさがあると感じている。

dolce-sfogato.hatenablog.com

 

N. Kapustin - 8 Concert Etudes Op. 40 No. 1. "Prelude"

 カプースチンの『8つの演奏会用練習曲』から「前奏曲」を打ち込みました(負荷上の問題から「続きを読む」でプレイヤー表示するようにしています)。以下、ただの感想です。

続きを読む

あいさつ

 いつの間にか、相手に応じてあいさつを変える習慣が身についた。ざっくり分けると、男性に対しては声を張って「ッはようございモァす!」と行くか(文字にすると笑える)、普通に「おはようございますー」で行くか。女性なら「おはようございまーす(語尾に「♪」が付いちゃいそうな感じ)」か、ただ柔らかく「おはようございます」と言うか。

 じつはそれは大したことではなくて、相手のあいさつに同じトーンで返しているだけということも多い。けれどそれをやっているうちにその人のあいさつのしかたが分かってきて、自分からその人の感じに合わせてあいさつをするようになった。それは、他人に気を遣っているということなのかもしれないが、わたしとしては「あなたの敵ではない」という意思表示であり、それは背後から自国に攻め入られる脅威を取り除くために軍事同盟を求めるのに近い。本当に仲間かは分からないけれど、とりあえずここは手を結ぼうじゃないか、と、そんな心境であいさつをしている……ということもある。

 あいさつは、見た目のつぎくらいにはその人の印象を決めるのではないだろうか。見た目という視覚情報のつぎに、その言葉、声色、抑揚、強弱、といった聴覚情報からその人となりを想像したりする。触り心地(触覚)はさておき匂い(嗅覚)も大切かもしれないが、やはりあいさつのほうが重要ではないかと思う。

 あいさつはどれくらい大切なのか。悪い方から考えると、あいさつをしない人に対してどう思うか。じつはあいさつをしない人はけっこういるのだとも聞く。

 わたしの場合、たぶん一発で「礼儀の無い人」とレッテルを貼ってしまうと思う。場合によっては「聞こえてなかったのかな?」とか「忙しいのかな?」などと理解できることがあっても、やはりあいさつしないのは普通ではない。

 そこでわたしは次にこう考える。なぜその人はわたしにあいさつをしないのか。

 他人に対してもあいさつをしないのならただの礼儀の無い人で済む。自分をないがしろにされているわけだから心証は決してよくないが、そういう人なのだと納得できる。ただいっそう困るのは、自分だけを選んであいさつしない場合だ。これは無視の第一歩で、自分に対する敵意を感じざるを得ない。円満に、安定的に、心身穏やかに、そしてちょっぴり刺激的に生活したいだけなのに、そこにほころびが生じる。これが恐ろしいわけだ。

 蛇足ではあるけれど、このどちらでもない場合として、自分が認めた人にしかあいさつをしないという人もいた。新人などは片っ端から無視、その人にあいさつされるようになったらようやく一人前というわけだ。ただそれは明らかに例外だ。

 とにかくあいさつをしないというそれだけでこういう色々なことを考えてしまうのだから、あいさつが返ってこないというのは、ちょっとした事件ではある。

 そしてあいさつが返って来ても、その声色で自分をどう思っているかとか、その人の機嫌がどうかということが分かってしまう場合もある。女性の、和やかながらもその裏に相手に対する軽蔑の意を込めた、ピエロのようなあいさつを聞いたりすると、心のなかでゾッとするものだ。

 なんだか「若い社員があいさつをしない」という話を立て続けに聞いたので、思うままにぐだぐだと書いてみた。誰かと話したりして、もうちょっときちんと考えたいと思っている。

打ち込み日記「おやすみ(夜想曲)」

 また作ってしまった、自作品。

 以下、どうでもいい細かなお話。本来音楽を言葉で語るのは野暮としか言いようがありませんが、ここはわたしの日記なので平然と語ります。というか正直、周りに対して自作品を「音楽」とか「作品」とか言うのも恥ずかしいのですが……。(ここまでテンプレ文章!)

続きを読む