もの知らず日記

積み重なる駄文、天にブーメラン

「ランウェイで笑って」

 2020年冬期は心身ともに余裕もなく、ぼんやり楽しめる軽い作品が中心になった。グッと来たのは「ランウェイで笑って」。低身長という致命的なハンデ*1を抱えながらパリコレモデルを志す女の子と、ファッションデザイナーを目指す男の子の話。

 最初、一話を見て驚いた。内容がゴリゴリの少年マンガなのだ。「勝利」は分からないけど(無理やり当てはめることはできる)、「努力」と「友情」、そして「戦い」がある。モデルを目指す千雪とデザイナーを目指す育人の敵は、モデルとして身長が足りないという現実であり、家族を養わなければならないという現実でもある。

 ファッションが題材ということで少女マンガ原作だと思い込んでいて、少女マンガとファッションの組み合わせから想像したのは、きらびやかな衣装で彩られたシンデレラストーリーの類いだった。ところが一話を見てみればこのゴリゴリの物語。これには驚いた。ふわふわだったのは私の想像力だった。

 思えば、「基本的な要素の欠落した主人公」と言うので、最近みた「僕のヒーローアカデミア」を想像した。ヒーローに不可欠な個性を持たない主人公と、モデルにとって不可欠な身長が足りない主人公。どちらも逆境を跳ね返してゆくわけで、敵は強いほど盛り上がってくる、というものではある。ただこの敵というのが分かりやすい敵ではなくて、よりリアルな試練であるというところがこの物語の面白いところだと思う(そもそもファッションの物語で打倒すべき悪というのは想定しづらいのだけど)。

 自分が一番盛り上がったのは、芸華祭の一次予選あたりだったと思う。発想力を見せたけれど、困窮して安価な生地を使用したことを指摘され、感情を爆発させた場面が印象に残った。

 ただ、最終回については育人がどうなるのか気になるところで終わってしまった感じはした。結果についても、これはドラゴンボール的な見方に慣れきった人間の悪い癖と言うか、戦闘力でランク付けしたくなってしまう。モデルとしてやってきた心が、デザイナー一本で打ち込んできた育人を上回るのか、そして本選で頂点を立つまでになるのか。千雪とのタッグだったとはいえ、どうか。やはりこれは見返して、あるいは原作に当たってまた考えてみたい。

 ともあれ今期一番楽しみにしていた作品だったと思う。

*1:少なくとも物語のなかではそういう価値観にある。

視聴アニメ:2020冬~秋

リストについて

  1. まず、放送前の紹介一覧から気になる作品を片っ端から記録
  2. 一話を視聴後、視聴アニメをリストに残す
  3. 途中で視聴をやめた作品は削除。ただし、いずれ観るかもしれない作品は取り消し線で残す

来年・前年

次:2021冬~秋
まだまだ先のこと…………

前:視聴アニメ:2019冬~秋 - もの知らず日記

シーズン

2020春NEW!!

2020年春アニメ 新作・今期アニメ : 作品情報一覧 - アニメハック

一話は見てみるスタイル。

2020冬

2020年冬アニメ : 作品情報一覧 - アニメハック

一話は見てみるスタイル。

F. Liszt. - Capriccio alla turca sur des motifs de Beethoven, S.388

 リストの「ベートーヴェンの『アテネの廃墟』のモチーフによるトルコ風カプリッチョ (S. 388)」を打ち込みました。ベートーヴェンの「トルコ行進曲」のメロディが、リストの手によって大胆にアレンジされています。中間部は『アテネの廃墟』第3曲の回教僧の合唱 「神は衣の袖に月を抱いて」とのこと。以下、例によって感想文的メモ(=解説なんて立派なものではないという意味)と拙作を載せておきます。

続きを読む

買い溜めについて思うこと

 記事を読んだ、というただのメモ。

 マスクやトイレットペーパーの買い溜め*1に対して、「一部の人間がデマに踊らされて買い占めをした」というような解釈をする大人が私の周囲にいる。端的に言えば、買い溜めをするのは奴らがバカだからで、対策としては罰を下すしかない、という考え方だ。が、これって人をなめた話だなあと思う。私はもう少し、日本に暮らす人びとの賢さと善良さを信じたいなあ、と、ひとり勝手に思うわけである。

 そんなところに日経ビジネスの「買い占めに走る消費者は『間抜け』なのか?」という記事を読んだ。問題が「デマに踊らされた人」だけにあるのなら話は単純なのだけど、そうは行かない。問題が難しいのは、まともな人が、ある状況下で合理的に行動した結果、社会全体として望ましくない事態に陥ってしまっている可能性があるということだ。もちろん彼らが言うようにデマに踊らされる人もいるかもしれないけれど、これだけ大規模な現象はそれだけでは説明できないだろう。

 

 解決策を出す難しさは記事でも書かれている。結局一人一人の意識、自分の行動と社会的な結果に対する想像力に頼れないということになれば、配給制のように個人の権利に踏み込んで強制的にやると言う話も出てくる。

 なにを言いたいかと言えば、バカな人がバカをやる、って、そんなに世のなか単純じゃないよなぁ、というところ。そしてそういう見方をする人ほど自己責任論(ここで言うのは、環境・状況の影響を無視・軽視して個人に責任を帰す考え方)との結びつきが強い、というのも私は感じていて、少し気になっている。

business.nikkei.com

 

*1:「買い占め」は少数の人間による独占を指すが、「買い溜め」はあくまでも個々人の消費行動を指す。

M. Moszkowski - "2 Concert Etudes", Op. 48.

 モシュコフスキの演奏会用練習曲(作品48)を打ち込みました。正確には、今回第2番を打ち込んだのだけど、第1番も書いていなかったので、ついでにまとめて載せておこうと思った次第です。

 モシュコフスキといえば「花火」や「スペイン奇想曲」で広く知られている作曲家兼ピアニストだと思うのですが、そのなかには演奏される機会のほとんどない作品もあって、この作品48の練習曲もそうした作品の一つです。まだまだ発掘の余地があるかな……と勝手に感じています。全集はあるのでしょうが(調べていません^^;)。

 この作品48はYoutubeにもほとんど動画のない作品です。第1番はMIDI動画が一つだけ、第2番も初見視奏動画が一つだけ(2020年3月時点で)。という感じだったので、せめて音にしてみたい、と思って打ち込んでみました。以下、動画を並べておきます。

 というかこんなにかっこいい作品なのに! なぜ誰も弾いてくれないのか!(本音)

続きを読む

うるう日はトイレ紙の日

 うるう年。うるう日。そんな日にトイレットペーパー騒ぎが起こっているとも知らず、帰り際に「こんな時勢だ、肉でも食ってパーッとやるか」と思ってスーパーに400gのステーキ肉を買いに行ったところでトイレットペーパーのところが空き地と化していることに気がついた。張り紙には「SNSの影響で売り切れた」「個数制限にする予定である」という旨が書いてあった。SNSの影響で、とわざわざ書くあたり、店長の怒りがにじみ出ていると思える。

 そもそもこのコロナ騒ぎについては、個人的には人びとの盲目的な行動に嘆息してしまう場面もたびたびあった。もちろん政府や諸機関の対応が国民の不安を解消出来ていないという問題もあって、そこには対処しえたであろう部分とやむを得ない部分(不確実ななかで、その時点の情報に基づいて判断を下さなければならないため)とがあると思う。が、持論の内容は正反対であっても問題をひどく単純化しているという点で共通している人びとの暴論や、不安にかられて感染防御としての効果は十分には期待しえないマスクを慌てて買い占めたりまったく関係のないトイレットペーパーを競い合うように消費する人びとに至ってはもはや何がしたいのか分からない。他人が所持・使用できないのを想像して自宅でひとりほくそ笑むのだろうか(もちろんこれは冗談)。実際には、家庭を守りたい、家族を守りたい、何かあったら大変だ、などと考えている「善人」が大半なのだろうとは勝手に想像している。ツイッターで見かけたのだけど、「オイルショックを経験しているからね、心配でトイレットペーパーを買いに来たんだ」というのは、実話か分からないけれど、もはやジョークじみていて笑ってしまった。経験から何も学ばなかったのか。あるいは経験から学んだのは、より完璧にパニック行動を実践することだったのか。

 幸い、私の数少ない知人友人にはこのトイレットペーパー騒ぎに関わるような人間がいなかった。そのことを、内心で少し誇りに思うというか、やはり私はいい人に恵まれているというか、この人たちを信じてきてよかった、と改めて思えた嬉しさがあった。

 トイレットペーパーを買い占めることはもちろんだけれど、トイレットペーパーが無くなるから買いに行かなければ、という行動をとることもまた、結果的には店頭からトイレットペーパーを無くすことに加担してしまうことになる。そういう人たちは「一つや二つならいいじゃないか、これは買い占めではない」というかもしれないけれど、むしろそういう人たちが集まることで結果的に店頭からトイレットペーパーが消えるということになっている可能性は無いのだろうか。これは、私の地元のドラッグストアではマスクが早い段階で個数制限されていたにも関わらずすぐに無くなってしまったのを見ていたから、そういう可能性も考えてみたくなる。マスクとトイレットペーパーでは感染防御に対する主観的な評価(マスクの場合は感染が防げると思って買うのかもしれないが、トイレットペーパーではまずありえない)が違うのでその違いがあるかもしれないけれど。

 そんなこんなで、うちのトイレットペーパーはあと6ロールです。無くなるまでに入荷してくれるだろうか。無くなったときには置いていておくれよ、と願うばかりです。それまでは下痢などで大量消費するハメに陥らないように、健康管理を務めようと思う。

オルゴールを鳴らすまで(動画はない)

 前回は説明書の一切ないところからオルゴールを組み立てるまでを書いたのだが、それから譜面を作ってみたので記録しておく。

 ちなみに私が購入したのはこのムーブメント。中国製の30音(一応参考までに)。

  で、まず困ったのは付属のシートにある音名と実際の音が違うということ。このズレでなにが困るかと言うと、音域のなかで作ったつもりが高低はみ出たり、半音が鳴らないということになってくる。

 付属のシートでは最低音がC(ド)と印字されているが、実際にはF(ファ)から始まる。また完全に半音階と言うわけでもない。このオルゴールの実際の音域と音階は以下の通り。

f:id:dolce_sfogato:20200218220710p:plain

オルゴールの音域、音階

 実際にはオクターブ高くなるのかな? そこはいい感じになるように修正して頂くということで……。半音階が使えるのはF4-F6の2オクターブ(第1線から上第3線)だけで、それもF4-F5は完全ではない。

 で、このなかで音が鳴るように、Musescoreで譜面を作ってみた。

f:id:dolce_sfogato:20200218224431p:plain

ショパン作曲、夜想曲第2番

 まず、音域を最大限に使うために変ロ長調にした。どちらかを合わせて妥協しようと思ったけれど、最高音と最低音が一致してくれるなんて! 8分の3拍子なのは、「楽々オルガニート」で読み込めるようにするため。(これを書いている時点で)8分の12拍子には対応していないので、エラーになってしまう。

 あとは、音をなるべく削る作業に苦労した。強弱があるわけではないので、伴奏がガチャガチャしているとメロディが聞き取れないし、たぶんモーターにも負担がかかって再生できなくなったりする。基本的にはメロディを響かせるように音を選んだつもりではある。

 で、これをMIDI形式で書きだし、「楽々オルガニート」で読み込んでなんだかんだ調節して、譜面シートを印刷。そしてカッターで裁断して、そのとおり穴をあけていった。そしてこのツイート。

 実際にはすごく雑で、弱起の設定を忘れてシートの小節線とずれてしまったり、つなぎ目はセロテープでくっつけただけだったりという問題はあるのだけど、一音も欠かさず(たぶん)、鳴るにはなったので大感動した。あとになって、ターンの部分(5連符の部分、実際の譜面には反映させなかった)も鳴るのではないかと思ったので、作ってみたい。

 ちゃんと箱を作って、動画を撮る技術を導入出来たら、動画にしたい……。