もの知らず日記

積み重なる駄文、天にブーメラン

エレベーターに誰もいない瞬間における奇行について

 ある記事いわく。エレベーターに乗って誰もいない瞬間に、肩回しスクワットをしたり、鏡に向かって口角を引き上げて笑顔の練習をしたり、防犯カメラに向かって手を振ったり、他のフロアのボタンを全押ししたあげく全力で閉ボタンを2回押して消すなどしている人がいるらしい。おもしろいことだ。わたしが見られるにもかかわらず見ていない世界では、このようなことが起こっているのだ。そしてわたし自身もまた、そのような世界に生きる人間でもある。

 わたしはふだん社会性というお面をつけて生きているに過ぎない。そして社会のなかでバレないようにこの社会性というお面を外す遊びをしているのだ。比喩的に露出狂と言えなくもないが、露出狂と違って、その社会性をはぎ取った瞬間(=露出)を誰かに見られてはいけないという固い掟がある。それは非社会的な行動ではあるが、「反社会的な行動」ではない。それでは交番のお世話になってしまう。

 たとえば目の前を人が歩いていても、その人がわたしを見ていなければわたしは顔面の筋肉のストレッチをおこなう(お気に入りでよく真似する顔があるので最後に掲載しておく)。あるいは、打ち込んでいる曲などを歌い出す。リズムに乗って左手をぴょんぴょん跳ねるように動かしたりする。見つかったら危ない奴と思われるに違いない。だが見つからないところでこれをやる。

 いわば、万人を相手に「だるまさんがころんだ」をしているようなものだ。社会的に振る舞いつつ、いかにお面を外す時間を多くできるか。この世界はそういうゲームなのだ。見つかったが最後、わたしは「変な人」というレッテルを貼られる。だが、いまのところそうしたことにはなっていないと思う。おそらくエレベーター内で変顔をする(先の記事にあったように)のは警備の人にバレていると思うが、同じ人がたくさん居るらしいので安心した。だがわたしは人が居ても後ろでやる。アピールしたりはしない。粛々と口角の筋肉と目尻の筋肉のトレーニングを行う。

 またこの時期はマスクをつけている人も多い。マスクの下で変顔をしている人も居るらしい。朝の通勤時間帯、けだるい顔をしている人もマスクの下で大口を開けて我々に向かって牙を剥いているかもしれない。恐ろしいことだ。だが、バレることのない安全圏だからこそ安心してそのようなことが出来るのだろう。エレベーターという密室にしてもそうである。 そこからあえてリスクの世界に飛び出すのは、やはり変な人としか言いようがない。

f:id:dolce_sfogato:20190221212744j:plain

わたしがよくやる顔。ばぶ~(門脇「子どもの社会力」、岩波新書で紹介されている古典的な研究。雑な引用で申し訳ない)

 

F. Liszt - Vom Fels zum Meer! (Deutscher Siegemarsch), S. 229.

 リストの「岸壁より海へ!(ドイツ戦勝行進曲)」を打ち込みました。いわゆるマイナー作品で、Youtubeにもほぼ動画無し(1件のみ:2019年2月時点)、全集にしか載っていないような作品なのですが、「この曲を少しでも広めたい!」と思って打ち込みました。勇壮で豪華なffの主部とかわいらしいdolceのトリオの対比の鮮やかなこと! 誰か、アンコールピースなどに弾いてほしい……。

 個人的には、まず「Sehr belebt und feurig (Molto animato e con fuoco)」という標語が好きです。燃えるように! しかも出だしから右手にはアクセントがついている。これはもう、強打するしかない! 曲としては、同じフレーズの繰り返し、形式的な反復が多いのですが、不思議と飽きません。

(音の間違いなどお気づきになったら、教えて頂けると嬉しいです)

作品について

 作曲は1853-56年(?)、1865年にシュレジンガー社から出版されています。IMSLPにある初版(シュレジンガー社)には時のプロイセン王ヴィルヘルムI世の名前が高々と掲げられています。表題のVom Fels zum Meer! は、ホーエンツォレルン家の家訓とのことで、やはりプロイセンを賞賛するものであることを示すものだと思います。

 作曲の経緯は不明ですが、初版の表紙には"Arrangement für Piano zu zwel Handen vom Componisten"(作曲者による2手のためのアレンジメント(たぶん))とあるので、管弦楽版が先に存在したと、とりあえずは考えられそうです(しかしリストの作品番号で知られるラーベは、ピアノがオリジナルだと考えていたとか(?))。バージョンとしては、ピアノ2手のアレンジ(S. 229)、おそらくオリジナルであろう管弦楽版(S. 358)、ハンス・フォン・ビューローによる四手連弾のアレンジ、ヴィルヘルム・ヴィープレヒト(プロイセン軍楽隊長?)による軍楽隊のためのアレンジの存在(不詳)が分かっています。完全に憶測ですが、これだけバージョンがあるというのは、やはりそれなりに注目された、あるいは社会的な要請に基づいて作られた作品だったのではないでしょうか?

 作曲された経緯やこのあたりのバージョンの関係についてはわたしの情報収集・処理能力では判然としないところが多いので、ご教示を乞いたい次第です*1

f:id:dolce_sfogato:20190220211228p:plain
「岸壁より海へ!」初版(1865)より(PDにつき掲載)

*1:Google BooksからMichael Saffle(2003), "Liszt Letters in the Library of Congress". を参考にしていますが、貧弱読解力につき、きちんと読めていないです。

「雲の後ろの太陽」

 Post nubila phoebus. という言葉がやたらと好きで、ときおり思い出す。「雲の後ろの太陽」。どんなに暗雲が立ち込めていても、その後ろに太陽があることを疑う人はいない。色々なかたちで理解できる言葉だけれど、わたしは単純に、絶望の後ろには必ず希望があるのだ、という意味で理解している。

 もちろん、現実的にツッコミを入れるのなら、絶望の後ろに希望が必ずあるとは限らないのかもしれない。だがこの言葉は、希望の存在を太陽という絶対的な存在に例えることで希望の存在を確信させてくれる。現実には絶望の向こうに希望は無いのかも知れないが、希望という太陽があると信じることが出来るのだ。それは言ってしまえば屁理屈かつ妄信かも知れないが、人を励ましてくれる屁理屈であり、現実を引き寄せうる妄信だ。

 人にとって、太陽のように揺るがぬ希望とは何だろうか。それは人によっては信仰かもしれないし、人によっては使命かもしれない。そんな大げさなものでなくとも、家族かもしれない。自分がもっとも大切にする何か。それは普段意識するものではないけれど、暗い雲がわたしたちの世界を覆い尽くしたときに見出すことが出来たのなら、きっとわたしたちの進むべき道を示してくれる希望となってくれるものだと思う。

 どこまでも無慈悲な世界だからこそ、希望の存在を信じ続けなければいけない。

 ちなみにこの言葉と出会ったのは中学生のときで、ホームページのサブタイトルで「格好つけよう」と思って、ラテン語の格言を調べていたときに見つけた。結局は Pax intrantibus, Salus exeuntibus. (来る者に平和を、去る者に安らぎを)という言葉にした。いわゆる「中二病」が好みそうな格言でしょう、これ(笑)

他人を異性の有名人に例えてしまう癖

 他人を異性の有名人に例えてしまう癖がある。いや、口には出さないのだけど、「あっ、似てる」と思ってしまうことがよくある。例えば、先日あるグラビアアイドルのニュースでその写真を見て、「イチローに似ているな」と思った。大変失礼な話だ。

 なぜそんなことになるのかと考えると、原因は二つ考えられる。一つは、他人の目ばかりを見ているからだ。容姿全体を見ていれば、わざわざ異性を連想することは少ないはずだ。そしてもう一つは、わたしの記憶の中でパッと出てくる人間は圧倒的多数で男性だからだ。もちろん、女性でも名前を聞いて意図的に思い出すことは出来るのだけど、無意識的にパッと顔が出てくるほどではない。これは、日ごろそんなに女性モデルや芸能人の話をしないためにそこまで記憶に定着していないのだと思う。

 たまに、女性を見て「だれだれ(女性モデルなど)に似てるね」と褒める人がいるが、その「だれだれ」が出てくるのは大したものだと思う。社交のためにそういう情報収集を日ごろからしているということなのだろう。わたしは自分の好きな情報しか集めていない。「目がイチローに似てるね」と言われて喜ぶ女性は皆無だろう。それはわたしも分かるから黙っている。

 「やられる身にもなってみろ。お前(わたし)がそれをやられたらどうなのだ」と言われると、悪質なことにわたしは「面白いからぜひやってくれ」としか思わない。わたしと同じ目を持つ女性のモデルが居るだろうか? あるいは芸人? 政治家? 嬉しくはならないが面白くはある。

 もっとも、相手を喜ばせるという点からすれば、異性に例えることは大失格の行為であることには間違いがない。

F. Chopin - Grand Polonaise Brillante in E-flat major, Op. 22.

 ショパンの華麗なる大ポロネーズを打ち込みました。本来は「アンダンテ・スピアナート」という穏やかな序奏と合わせて「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」というひとつの作品なのですが、ここではポロネーズ部分だけをお届けします。アンダンテ・スピアナートはこちらスタインウェイ用も作り直したいと思っていますが、いつ実現することやら。

(音の間違いなどお気づきになったら、教えて頂けると嬉しいです)

曲について

 おそらくコンサート向けに書かれた作品で、ショパンの作品のなかでもひときわ華やかな作品です。管弦楽による助奏が付いているものの、ピアノで代替可能なので独奏されることも多い作品です。個人的には、ショパンはオケを気にせず自由に演奏したかったのではないかなと思います。

 そしてポロネーズはなんといっても舞曲。とくにこの作品は、右手が軽やかに踊りつつカンタービレで存分に歌うなど、ショパンらしい魅力の詰まった作品だと思います。表現的には、長大な装飾音をはじめルバートが不可欠なことは明らかなのですが、ルバートを使いすぎると踊りがてんてこ舞いになってしまうという点で、バランスが難しい作品でもあると思います。

 以下、大ざっぱですが個人的に好きなポイントをいくつか取り上げて書いてみます。いわば手前味噌のネタバラシ的な話なので読まない方が曲を楽しんで頂けるかと思います。

続きを読む

エレベーターの気まずさについて

 エレベーターの気まずさのほとんどは、ボタンを押す人間と、ボタンを押さない人間がいることに由来する。どちらが正しいかと言う話ではないし、押さないからケシカランと言う話でもない。価値観の問題だろう。

 わたしが気になるのは、「自分が操作パネルの前に居る場合、他人のために操作を行なうか否か」と言う点に尽きる。ついでではあっても他人のために操作を行うかどうか。それはなにも他人のために操作しないからケシカランとかそういう話ではなくて(答えを出したいとも思わない)、実際にどう行動するのかを知りたい。

 実態はどうなのか、アンケートなどがないか探してみた。(1)@niftyの「エレベーターについてのアンケート・ランキング(2015年11月6日)」と(2)日本エレベーター協会の「エレベーターの日『安全利用キャンペーン』アンケート(2016年度版)(pdf)」が見つかった。結論だけ書くと、いずれも「閉まるボタンを押す人が多い(1の調査でだいたい3000人の6割近く、2でだいたい13000人の96%にのぼる)」ことは分かるのだけど、「他人のために」という点と「操作全般を行なうか」という点が確認できない。閉まるボタンを押すのはただ単に自分が早く降りたいだけかもしれないし、閉まるボタンを押すからと言って他人から階数を聞いてボタンを押すとは限らない。

 わたし自身は場合によってなんとなく使い分けている。例えば、マンションで誰かが乗ってきたら、たいていは「何階ですか?」と聞いて押す。仕事場でもそうする。けれど、それ以外だと人を見て判断する。自分で押したいという人は人がパネルの前に居ても勝手に手を伸ばして押すし、会話もしたくないという人は目も合わせないし、合っても反らすからすぐに分かる。それは決して多くないように思うけれど、そういうことがあると少し残念な気持ちになる。

価格と客質(小考)

 カフェやラウンジにおいて、価格と顧客の雰囲気は比例するのだろうか。つまり、高い店ほどいい客が多くて、安い店ほどいい客が少ないのだろうか。(ここでは「高い店とは何か」などといった細かな定義はしない。これはただの雑談なのだ)

 わたしは、それは7割くらいは正しくて3割くらいは違うという気がする。正しいと思う要因を挙げると、まずは価格による選別がある。「ゲラゲラ騒ぎたい人間の大半はコーヒーに1000円を出さないであろう」と考えられる。それに1000円というのは、1000円を出せる人間であっても、普段のコーヒーよりは特別感があるものだと思う。だとすれば、カッコつけてやろうとか、上品にしなきゃというような気分が働くと想像できる。

 ただ間違いだと思うのは、価格が高くても「お金を持ったゲラゲラ騒ぐ人間(騒ぐ以外にも、迷惑な行為をとるいわゆる”悪質な客”)」は入ってくるということと、価格が安くても良質な客を選別する、価格以外の仕組みはありうるというところだ。例えば近所の雰囲気の良いカフェなどをよく観察してみれば、その方法はいくらか分かってくるかもしれない。

 とはいえ、価格が安ければさまざまな利用者が来るだろうから、雰囲気はそのときの偶然にかなり左右されやすくなる。そしてその偶然も、何の介入もしなければ良質な客が良質な客を呼ぶか、その逆の連鎖が起きるだろう。

 こんなことを、タリーズコーヒーのソファにぐでーんとふんぞり返ってすこし考えた。もう少し具体的に考えてみたい気もする。タリーズに入ったくせにコーヒーは飲めないので激甘ロイヤルミルクティーを飲んだ。

(めったにないホテルでのご馳走だったのに隣の席で悲鳴のような笑い声を何度もあげてわたしの優雅な気分を台無しにしたご婦人方と、何の注文もせず勝手にマックの店内へ入ってきて携帯ゲーム機をいじくりまわして店長らしき人物に怒られていた少年に捧ぐ)