もの知らず日記

積み重なる駄文、天にブーメラン

新年人生観

 12月31日、川崎のホテルのカフェでこれを殴り書きしている。しばらく筆不精だったのだけど、この一年は色々なことがあったので、振り返っておこうと思っていた。今の私の考えを書いておきたい(今さら書き直して公開するので、新年一発目からこのポエムを晒すことになってしまった)。

 この数年で私のライフステージも新たな段階へと至り、立場も変わり、人生観にも変化が出てきた。かつては若者として自由を謳歌し、責任という言葉を毛嫌いしてきたのだけれども、この数年で、責任を持つこと、より広く言えば、何かを背負って生きることもまた大切なのだと、(遅すぎたのかもしれないが)気づき始めている。

 一番分かりやすいのが、いじめ問題に対する考え方の変化だ。若い頃の私は、いじめられるなら学校など行かなくて良いと思っていたし、その答え自体は今でも変わらない。けれど今の私は、人間いつかは、何かと闘わなければならないのではないかと思うようになっている。

 それは必ずしも今すぐに戦えということではない。ただ、生きる限りは自分に不利な状況が立ちはだかることは必ずあるし、それでも何かを守るためにやるのだと言わなければならないときが来ると思うのだ。

 それは、必ずしも今ではない。命を失うくらいなら、撤退するほうが賢明な選択なのかもしれない。けれど、いつかは、何かと、闘うときは来るものだろうとも思う。

 こう考えるようになったのは、私自身にとって、死というものが見え始めているからかもしれない。それは眼の前に差し迫ったものではないけれども、かといって見えないほど遠いというわけでもない。そもそもを言えば、明日死ぬ可能性さえあるわけだが、そういうことを抜きにして「順当に生きられたとしても」死というものが見えてきたというのは、他者からはどうでもいいことに違いないけれど、自分自身にとっては極めて重大な意味を持つ。

 死というものが見えてくると、自分の生き方を考えるときにも、自分の終わりのことが視野に入ってくる。そこで、逃げ続けた人生とはどういうものになるか、という空想が浮かぶのだ。

 私はそれが幸せなものになるとは思えない。当人は幸せだと思っていても、どこかで後ろめたさや満たされない思いが残るものだろうと思う。ひとつ告白すれば、そのシナリオを突き進んでいるのが、私の父なのだ。自尊心が強く、他人と社会関係をうまく築けず、就職活動もせず、完治したはずの傷病を言い訳にして、ずっと引きこもっている。夫としての責任を投げ出し、私の母の脛を齧っている。それなのに、どこまでも尊大で、しかしときおり自分を卑下したりもする。ある時誰かのブログの記事で、父親が無業状態に陥りそのまま数十年後に自殺したという話があったのだけれども、その人となりやライフストーリーなど、結末以外はまさに私の父と同じだと思った。私の父の結末も、そうならないとも言えない。

 逃げ続けた人生は、自分だけでなく周りの人間をも不幸にする。その精神は、強い自責の念と、それを覆うように、自責の念以上に肥大化した虚飾の自信によって歪みきってしまう。誤り続けた人生を受け容れるだけの強さも、今からでも取り返そうと思うだけの素直さも、ない。

 もはや彼にはどんな言葉も届かず、対話することは不可能であるように感じられる。十年あまり、様々な対話を試みたが、もはや彼を一人の大人としては見なしていない。こう書くと我ながら父親不孝だと笑うしか無いが、彼は「大きな子供」なのだ。大人として、長男として、夫として、父親として、責任を果たさぬ彼は、正真正銘の65歳児なのだ。

 だからこそ、私は、逃げ続けることだけは、間違った生き方なのだろうと、確信している。もちろん私は、一時的に逃げることはまったく否定しないし、むしろ大切だとさえ思うのだけれども、人間何かを背負って、それを守るために、逆境に立ち向かい、踏ん張るということも必要なのだろうというのが、今の私が、頭の中の空論で無しに辿り着いた、血肉の通った考えなのだが、どうだろうか。

2023視聴アニメ

リストについて

  1. まず、放送前の紹介一覧から気になる作品を片っ端から記録
  2. 一話を視聴後、視聴アニメをリストに残す
  3. 途中で視聴をやめた作品は削除。ただし、いずれ観るかもしれない作品は取り消し線で残す

次:2024視聴アニメ
まだまだ先のこと…………

前:2022視聴アニメ - もの知らず日記

続きを読む

お金の使い方

 お金の使い方が下手だ。例えば先日、ふらっと立ち寄った回転寿司で、うっかり三千円も使ってしまった。店を出てから三千円分満足したろうかと自問してみると、腹はいっぱいになったけれども、そんなに満足感はない。もっと安いものでも満足しただろうし、同じ値段ならもっと満足のゆく使い道があっただろうと思う。

 これは金額に関わらず浪費そのもので、お金の使い方としては最低の部類、どぶに捨てているに等しい。まあ、回転寿司というシステムの恐ろしさかもしれないが、第一には私がぼんやりと回転寿司に入ったのが悪い。

 短期的に見れば、お金を使いたいことというのは山ほどある。コートを買いたい(趣味ではなく、本当に必要)、靴を買いたい(まあ必要)、ゲームを買いたい、本を買いたい、旅に出たい、写真を撮りたい、といったさまざまな物欲がある。けれど、その中でどれが本当に自分にとって必要で、どうすれば、限られた資源(収入など)のなかで自分の満足を最大にすることが出来るのか?

 単純に考えれば、対策は3つあって、使うときに立ち止まって考えること、欲望を抑える(足るを知る)こと、収入を増やすことだ。このどれも必要だと思う。頑張って働こう。身の振り方を考えよう。

 私自身、客観的に見れば浪費というほど収入に対して支出が多いではないけれど、こういう無駄な支出はずいぶんあるなあと思って、反省した。

健康診断

 これは誰にも言えないことなのだけど、私は今、尿検査キットを持ち運んでいる。尿を持ち運んでいる。この緊張感は数十万円を運んでいるときのドキドキ感とかなり近いものだと、今、感じている。

 そもそも、自宅で朝一番の尿を採り、それをわざわざ離れた指定の医療機関に持って行かなければならないなんて、こんな馬鹿なことを何故しなければいけないのか。尿検査の説明書には朝一番の中間尿がどうのこうのと、丁寧に書いているが、要するに「自宅からここまで尿を運んで持って来い」ということで、これはどういうプレイだよと医療機関に文句を言いたくて仕方がない。

 おまけに、私の順番は午後2時からだから、朝一番の尿を6時間以上も持っていなければならない。実際、もうすぐ7時間だ。私の頭には疑問しか浮かばない。

 雑菌が繁殖するのではないのか……? 検査結果に支障があるのではないのか……? 用事で朝からでかけている私に、尿を持ったまま他人と過ごせと言うのか……? 尿を持ったまま、他人と昼食を取れというのか……? きっちり蓋をしたはずの尿検査キットから、万が一、尿が漏れ出たらどうするのか……?

 こうした疑問が、絶えず頭の中をぐるぐる回っている。今も、食べ物の匂いやら、コーヒーの匂いやらが私の嗅覚を刺激するたびに、私のカバンから尿の臭いが漏れ出ているのではないかと、気が気ではない。

 これを書いている今も、検査時間を待つべくスタバで時間を潰している。尿を持ったまま。店員がときどきテーブルを拭きに来ると、慌ててスマホの画面を消す。万が一、尿が尿がと書いているこれを見られたら、やばい奴認定間違いなしだ。店員のあいだで面白おかしく共有されるに違いない。あいつは尿を持っているぞ、と。

 こういう酷い仕組みの尿検査を受ける人は私だけではないはずだ。とすれば、他の人はどうしているのだろうか。平然と、当然の務めだと言うように、尿を運んでいるのだろうか。当たり前だが、外見から「あの人は尿を運んでいるな」と分かることはまず無い。私もうまく誤魔化せていると信じよう。けれども、本当は、私は尿を運んでいる。

 ようやく、検査時間が近づいてきたので、そろそろ医療機関へ向かうことにする。尿のおつかいもここまでだ。ざまあみろ。

 それでは、良い一日を。