もの知らず日記

積み重なる駄文、天にブーメラン

ポット野郎

 「私にあだ名があるとすれば、ポット野郎、と呼ばれていることだろう」と、ガラスのティーカップを回しながらボーっと考えている。わざわざ茶こしをとるように頼む客など多くはないし、いつも茶こしをとるように指示を出す邪魔な客として、覚えられては居そうなのだ。まあ、ただの自意識過剰であればよいのだけど。

 私の理想を言えば、お茶は抽出したものを出してほしい。茶葉が入っていると、どんどん渋くなって、苦味しか残らなくなる。それは気取っているわけではなくて、本当にまずいのだ。うまいものがまずくなるのに見て見ぬふりをするというのは、もったいない。お湯をさすという方法もあるが、渋みだけでなく味も薄まってしまうのでこれまたもったいない。

 それで毎回ポットのお茶を頼むと、茶こしを外すように頼む。こちらに言わせれば、もう何度も同じことを言っているのだ。そろそろ店の方が対応してくれてもよさそうなものだとも思う。

 こういうことを我慢する人もいるだろうし、私もどちらかといえば余計な要望はださないほうだ。けれど最近は、時と場合に応じて意見を出すことも必要なのではないかと思い始めた。と言うのは、実際にそういう働きかけによって変わることがあるのだと知ったからだ。

 例えば、私がよくいくフードコートで箸が設置されるようになったり、よく行く蕎麦屋で野菜天だけのセットが増えたり、シェアサイクルの駐輪場の駐輪台数が増えたりするのは、そういう要望が多かったからだろう。黙ったまま思うようになるのを待ったりあきらめることも出来るが、意見を出して変えようと働きかけることに期待が持てるのなら、それをやるのも悪くはないのだと感じる。

 もちろんクレーマーになるつもりはない。どこまでが正当なフィードバックで、どこからが身勝手な要求になるのかは判断が難しいかもしれないけれど、必要ならば礼儀をもってそういう意見を出してゆきたいと思っている。

 そもそも、ただ気に入らないというのならば、サービスを利用しなければよいだけのことではある。某チェーン店で見本よりもはるかに野菜の量が少ない、ゴミを浮かべたような雑炊が出てきたのなら、もうその店舗には行かないだけだ。けれど、それなりに思い入れがあったり、ほかの店では代わりが利かないからこそ意見を出す。「素晴らしいサービスをありがとう、ただ、こうしたらもっとよくなるのではないか」というところだ。

 どこまでが正当なフィードバックで、どこからが身勝手な要求になるのか。この境界を決めるのは難しいけれど、感情的にはこう言えるかもしれない。「許せない」という動機で動く人たちと、感謝や敬意を持っている人たちの違いだと。あるいは、相手の人格を尊重しているかどうかというところでもある。しかもそれは年代や立場にかかわらない。子どもでも相手を尊重できる人はいて、大人(社会人と呼ばれるステータスにある)でもそれが出来ない人はいる。話を広げれば、店員(サービス提供者)のほうだって相手を尊重できる人と出来ない人というのはいるのだ。

 こうなると、もはや企業に意見を出すかどうかという話ではなくて、いかにして自分が「許せない」という人にならないようにするか、という話になってくる(これはまた思うところがあるので書く)。その一応の答えはこうなる。感謝をもって意見を出す、というのが、自分の生活を快適に変えてゆく一歩であるし、その根本に他人への敬意を忘れないことは、他人との関わり一般においても当然必要なものだろう、と。

 こんな平凡な答えに落ち着いたあたりで、どす黒くなったお茶を飲み干した。茶こしを外していなかったので、歯の裏になんともいえないざらつきが残った。