読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの知らず日記

積み重なる駄文、天にブーメラン

今日の夢

2016年10月9日(日) うろ覚え

再会

 自宅にある自分の部屋と認識している(実際とはまったく違う)。曇り空の明かりが入り込む薄暗い部屋。部屋に入って右側の奥にベッドがあり、左側にクローゼット、右側手前(入り口からは死角になる)に本棚がある。友だちのKさんが居て、あれこれと昔話をする。わたしは窓の近くに行き、「外を見てごらん。前は畑ばかりだったけど、今では家が立ち並んでいる」と言う。それほどに月日は流れていたのだな、と思った。

3人

 あるマンションの下にいる。緩やかにまっすぐ下りてゆく大通りからわき道を上ったところにある。そのマンションの1階の片側は住居ではなく駐車スペースになっており、雑談にはもってこいの場所という感じがする。心地よい晴れ空のもと、昔の友人N君、そして友人のXさん(見た目にはまったく覚えがないが友人として認識している)。Xさんはママチャリタイプの自転車をN君の前に停め、わたしと並んでいる。「このあたりは県境でね、こいつはA県よりはB県(隣の県)のほうが近いんだ」などと、とりとめのない話をする。

矢沢氏

 ガレージにある黄色いマスタング(もちろん実際には持っていない)。女性を向こうの助手席側に案内して乗せ、自分も運転席(しっかり左ハンドルになっている)に乗ろうする。すると、突然矢沢氏が乗り込んできて、どうなっているのか自分の隣に座っている(もちろん実際にはそんなスペースはない)。そしてなぜか横から勝手にアクセルを踏んで発進させ、車は街に飛び出す。思わずわたしが「やめなさい」と抗議すると、「加速させているのは俺じゃあない、君だ」と言う。わたしは抗議することをあきらめ、ハンドルを切って車や人を避けつづける。

散歩

 家族と歩いている。東京ドーム近辺のような光景。しかしドーム周辺に飲食店が立ち並んでおり、実際とは異なる。回転寿司屋を見つけ、入ろうと言いだす。(回転寿司屋の戦いにつながっているだけの夢という感じ)

回転寿司屋の戦い

 何かから逃げている。デパートのレストラン街のような空間を走る。足音が後ろから迫る。じぐざぐになった通路を進むと、いつの間にかそこは回転寿司屋になっている。わたしは回転寿司屋のレーンのまわりを駆け抜け、入り口からもっとも遠いところにある下り階段(どこに通じている?)に足をかけて立ちどまる。

 息を整えようかと思ったその瞬間、飛んでくる寿司のシャリが目に入った。それはあまりに瞬時の出来事で、ハイスピードカメラを見ているような感覚。避ける間もなくわたしはシャリまみれになった。レーンをはさんで向こう側に、ほくそ笑む男がいる。板前の格好をし、見開いた目は不気味なほど丸い。心なしか舛添氏に似ているが、年齢はおそらく20代。わたしは激昂し、地面を蹴る。走ると言うよりは跳ぶという速さ、わずか数歩でレーンを周回して男に迫る。男も逃げるが、逃がさない。ビールなどの入った背の低い冷蔵庫に男を押しつけ、詰問する。

「なぜ店員になりすました!」

「……何のことですか」

「XXというのはあなたの名前ではないでしょう」

 白を切る男の名札を掴み、胸倉を引き上げる。周囲にいる店員もうなづいている。