読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの知らず日記

積み重なる駄文、天にブーメラン

今日の夢

憲法9条改正談義)

とあるマンションの屋上視点から、ある一室にズームする。

わたしが部屋の扉を開けると、目の細い老人が居る。顔は( ◜◡‾ )という顔文字にそっくり。マンガのような描写で、手足は先細りながらも丸みを帯びているキャラクター。

彼の姿をみて、わたしは言う。

「入部が決まりそうな人が来ましたよ」

「それはよかったです」

「では、早速呼びますね」

そう言って部屋に招き入れたのは、老人と同年代の教育意識が高そうな女性。こちらもマンガ的。

と、老人は表情を一転させて叫んだ。

「このひとはダメですっ」

思わぬ一言に目が丸くなる。

「ほかのだれでもいいですが、このひとはダメですっ」

と言い出したかと思うと、老人と女性は掴み合いを始める。老人に殴りかかる女性の右手を彼の左手が受け止め、女性を殴ろうとする老人の右手を彼女の左手が受け止め、交差した状態のまま膠着状態に陥る。

「このひとは、憲法9条という美しい精神を、変えようとしているんです!」と老人が喝破すれば、

「改正は必要なんだよ!」と女性が切り返す。

ふたりのあいだに火花が散るなか、「これ、面白いな」と観察しているわたしがいた。